login / cart
プレイマウンテン

Paperweight "Chain"

Carl Auböck / カール・オーボック

初代カール・オーボック(1900〜1957)はオーストリアのモダニズムにおいて非常に大きい功績を残した人物とされています。彼は金属工房の両親のもとで伝統的な銅工芸を習得した後、ウィーンの美術学校やバウハウスで主に絵画を学び、1926年に工房を継ぎました。1957年に初代カール・オーボックは死去したが、その頃から工房の世界的な知名度は一層上がっていきました。1997年、ウィーン歴史博物館にて大規模な回顧展が開催され世界的に再評価され、現在は4代目が制作しています。

このペーパーウェイトはその名の通りディテールにまでこだわって鎖を再現しており、ずっしりとした重量感が特徴です。


デザイナー: カール・オーボック
素材: 真鍮、ニッケル
サイズ: w190 × d45 × h25 mm

・ 定価

27,000円(税2,000円)

・ 販売価格

27,000円(税2,000円)

・ 購入数

・ 種類